主に鉱物由来の焼成顔料(無機顔料)でデザインをプリント後に800℃で焼成するデジタイルは非常に優れた耐溶剤性があります。

塩素系漂白剤やシンナーなどにも冒されることはありません。