デジタイルは標準仕様でも商業施設の屋内床等では十分な耐摩耗性があります。
しかし、JRや私鉄駅などの超重歩行環境や、砂等が存在する歩道などでは更なる耐摩耗性が要求されます。そのような用途でも安心して使用していただけるように、弊社ではスーパーハード表面加工(2015年6月特許取得)をご用意しております。



自由自在のスーパーハード加工

アルミナの配置はデジタルプリントで自由にコントロールでき、また、アルミナの番手(粒子の大きさ)も任意に選択できますので、環境に合ったキメ細かな耐摩耗性と耐滑り性のコントロールが可能です。

JIS A 1509-12 耐摩耗試験

JIS A 1509-12 陶磁器質タイル試験方法ー第6部

 

測定結果:12000 回転で変化認められず

=クラス5(最高成績)に認定。

 

本試験に於いて、クラス5の試験結果を得ましたが、そのまま回転試験を継続した結果、100.000 回転(クラス5 基準の8 倍以上)をクリアすることに成功しました。

 

(アルミナ#80番の場合)

デジタルプリント